Top > 冥霊魔術師メルアビス

冥霊魔術師メルアビス
HTML ConvertTime 0.086 sec.

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/516d65caaa662d7d549a69d2e55dfa90617c7afb

立ち絵
 未覚醒  第一覚醒 

※未リンクは募集中

入手方法 Edit

  • プレミアム召喚、特設プレミアム召喚

ユニット Edit

ステータス Edit

アイコンクラス初期HP攻撃力防御力魔法
耐性
射程コストボーナススキルアビリティ
名称上限初期下限スキル覚醒
冥霊魔術師メルアビス
冥霊魔術師
メルアビス
ネクロマンサーLv178554240102501815攻撃力+190
射程+20
冥府の光深淵の彷徨者
Lv501235739104
ヘル
ネクロマンサー
Lv1111280640103001815攻撃力+173
射程+20
冥府の光不死のレクイエム
Lv9916901041104アンデッドワールド
第一覚醒
http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/0ae1d6ebb73f44c8d20d87d6278776eaabf1e501

完全成長時の画像 Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/bb0b74390c6c824497b3ece791eb1b4d87ae19ee

スキル Edit

スキル / 効果
冥府の光
一度だけ範囲内の敵6体
まで同時攻撃 同クラス系
トークンとアンデッドの
HPを回復する 自動発動
Lv再動(秒)
1
2
3
4
540
初動(秒)
---------1
---------1
---------1
---------1
---------1
近接遠距離

C
C
C
C



メルアビス☆6

スキル覚醒 Edit

スキル効果再動初動
覚醒後アンデッドワールド15秒自身と同クラス系トークンとアンデッドの
攻撃力1.4倍 発動時に対象のHPを回復する
40秒1秒
覚醒前冥府の光一度だけ範囲内の敵6体まで同時攻撃 同クラス系
トークンとアンデッドのHPを回復する 自動発動
40秒1秒

編集

アビリティ Edit

アビリティ名効果ユニット備考
深淵の彷徨者攻撃力が上昇する
魔界でも能力が低下しない
冥霊魔術師メルアビス
(覚醒前)
攻撃力1.1倍
ユニット画面は適用済み
不死のレクイエム魔界でも能力が低下しない 配置中、
同クラス系トークンとアンデッドの
属性ユニット1体につき自身の
攻撃力+10% 5体まで加算される
冥霊魔術師メルアビス
(覚醒後)
備考

クラス特性 Edit

クラス特性備考
ネクロマンサー状態異常無効のトークンを使役可能
防御力無視の遠距離攻撃
ソードスケルトンを使役
最大7回まで配置可能
ヘルネクロマンサースケルトンランサーを使役
最大9回まで配置可能

覚醒素材 Edit

  • ☆3銀スナイパー/☆4金アーチャー
  • ☆3銀ウォーロック/☆4金メイジ
  • ☆3銀ロードウィッチ/☆4金ウィッチ
  • ☆6覚醒の聖霊
  • ウォーロックの宝珠3個
  • ハイアルケミストの宝珠3個
  • 300,000G

交流 Edit

台詞 Edit

0%アタシと仲良くなりたい? いいけど、死霊になってからね。
15%へぇ~。アタシ以外にも、 死霊を操れる人はいるのね。
30%歓迎するわよ、王子。 明日のお茶会を楽しみにしてるわ。イベント1
50%まさか生者を招こうとするなんて、 どうしちゃったのよアタシ……。
60%はぁ……王子はこのお菓子、 気に入ってくれるかしら?
80%生者はあまり好かないわ。 でも、アナタだけは特別なの。
100%王子って本当に鈍感よね。 でも、そういうところも好きよ。イベント2
副官任命ほら、頑張って。 この子達も手伝ってくれるから。ホーム

雑感 Edit

ガチャ産初の黒ネクロマンサー。



2018年10月現在、このクラスそのものが不遇の状況にあるため、育成や編成は王子の愛に大きく依存することになってしまう。
火力は反魂の死霊術師メトゥスより上とはいえ、単体に向けた魔法攻撃である。
だが、覚醒後アビリティにより、アンデットを配置することで自己バフがかかり、最大攻撃力を1.5倍まで上げることが出来る。
この対象はアンデットタイプトークンでよいので、自身のトークンを五体並べてもアビリティは適用される。


スキル中は一度だけ、6体同時攻撃を行う。ただし、火力アップはない。
スキル覚醒での使用では、火力アップは行われるものの、攻撃対象は1体のみである。
アンデットユニットやトークンが回復することはどちらも同じだが、スキル覚醒のみ他アンデットユニットやトークンの火力バフになる。
よって、
スキル覚醒をするのであれば、他にもダメージ源として活躍できるアンデットを持っているかどうかで判断が分かれるところだろう。


アンデット配置+スキル覚醒による火力アップで、なかなか頼れる戦力になるものの、他ユニットのマルチロック高火力ユニットと比べられてしまう。
トークンにより配置制限を一枠使ってしまうのも、考慮に入れなければならない。
第二覚醒によるさらなる使い勝手の向上を祈るばかりである。