Top > ダークエルフのロアナ

ダークエルフのロアナ
HTML ConvertTime 1.437 sec.

76a1d38648dc6ce0288431a4d5ba7ebe.png

立ち絵
 未覚醒  第一覚醒 

入手方法 Edit

  • イベント「妖精郷の危機」のミッションクリア数4達成報酬(クリア数8・合計☆数24でコスト下限、初期レベル30)
  • 刻水晶との交換
    • 1回目(2016/04/14〜2016/04/28) 150個(既にいる場合は100個)
    • 2回目(2017/08/14〜2017/08/21) 100個(既にいる場合は50個)

ユニット Edit

ステータス Edit

アイコンクラス初期HP攻撃力防御力魔法
耐性
ブロ
ック
コストボーナススキルアビリティ
名称上限初期下限スキル覚醒
ダークエルフのロアナ
ダークエルフの
ロアナ

(ダークエルフ)
アベンジャーLv11693315205512016HP+600
防御力+60
回復III-
Lv702626499288
デスアベンジャーLv12651483259512016HP+600
防御力+60
回復III状態異常無効
Lv903622573340ダークエルフの
劇薬
ダークエルフの
秘薬
第一覚醒
59c7271effdbe9ab3c1b6b44418387fb.png

各ステータスは好感度ボーナス抜きの数値

完全成長時の画像 Edit

4863e906e569e9e9d2387ffa66b15028.png

スキル Edit

スキル / 効果
回復III
HPが最大値の
X%回復
効果は
発動時に即発生
オーラは2秒間持続
再動カウント開始は
その後から
LvX再動(秒)
15024
25323
35522
45821
56020
初動(秒)
---16.012.01
---15.311.51
---14.711.01
---14.010.51
---13.310.01
近接遠距離

C
C
クリッサ☆6
C
C
キュテリ☆4



年賀の祝盾
レアン
☆4
ロアナ☆5


スキル覚醒 Edit

スキル効果再動初動
覚醒後ダークエルフの劇薬HPが現在値の半分に減少する
使用後、HPが全回復するスキルに変化
20秒10秒
ダークエルフの秘薬HPが全回復する
使用後、HPが半分に減少するスキルに変化
20秒-
覚醒前回復IIIHPが最大値の60%回復20秒10.0秒
減少量は現在HPの50%(端数切り捨て)

編集


アビリティ Edit

アビリティ名効果ユニット備考

編集


クラス特性 Edit

クラス特性備考
アベンジャーHP90%以下で与えるダメージアップ
自身が死亡した場合撤退扱いとなり
周囲の敵に大ダメージを与える
HP91%未満で攻撃力1.2倍
HP71%未満で攻撃力1.4倍
HP51%未満で攻撃力2.0倍
HP31%未満で攻撃力3.0倍
HP11%未満で攻撃力4.0倍
デスアベンジャー

編集


覚醒素材 Edit

  • ☆3銀バトルマスター/☆4金ヘビーアーマー
  • ☆3銀ユニコーンナイト/☆4金ワルキューレ
  • ☆3銀バーサーカー/☆4金バンデット
  • ☆6覚醒の聖霊
  • バーサーカーの宝珠2個
  • マスターモンクの宝珠2個
  • 250,000G

交流 Edit

台詞 Edit

0%私はあなたのもつ強さに興味があるの。
15%悪いけど馴れあう気はないの。
30%こんなに感じちゃうなんて、私……。イベント1
50%王子……いえ、主様……。私を、その……。
60%あ、主様……。この縄は、何ですか……?
80%もう、主様なしじゃ私……。
100%これからも私をもっといじめてくださいね?主様。イベント2
副官任命さぁ、早く私に命令を。……お願いだから焦らさないで。ホーム


雑感 Edit

イベント「妖精郷の危機」の報酬で登場したプラチナアベンジャー。
種族に「ダークエルフ」とあるが、ゲーム内での扱いは基本的に通常のエルフと同様で、
オリヴィエププルドロテア等が持つエルフ族強化系アビリティの対象になる。

アベンジャーは1ブロックの近接ユニットで、クラス特性として自身のHP現在量に応じて攻撃力が変化する能力を持つ。
HPが減るほど攻撃力は上昇していき、90%以下で1.2倍、70%以下で1.4倍、50%以下で2倍、30%以下で3倍、
10%以下で驚異の4倍と、ピンチになるほど一撃が重くなる非常にロマンあふれるクラスに仕上がっている。
敵ユニットのダークエルフやマミーが似た特性を持つので、厄介な敵ユニットとしての印象が強い王子も多いだろう。

しかしHPを低く保つというのは死にやすくもなり、自軍でこの効果を狙うのはリスクも高い。
HPを低めに保ちつつ死なない程度に回復するには、一般的なヒーラーの射程外に置くことを前提として以下のような方法がある。

しかし、アベンジャーを活かすことに特化した編成や配置を構築すると他ユニットへの影響も少なくない。
一撃の大きいボス敵にぶつければ、アベンジャーのクラス特性は特に意識せずとも発動し大ダメージを出してくれることもある。
また、砂漠などの初期HPが低下するマップであればいきなり高い攻撃力を発揮できる。

スキルは自身のHPを割合で回復する「回復III」。
ヒールが追いつかない場合の一時しのぎの他、HP調整をするためにヒーラーの射程外でロアナを単独運用する場合の自己回復手段になる。
ロアナイベント復刻時にはスキル上げ用に「回復III」を持つボンボリがドロップするが、
ロアナと同様のスキルを持つキュテリ正月レアンのスキル上げにもボンボリを使用可能。

■覚醒後
覚醒アビリティは「状態異常無効」。
毒による継続ダメージを受けず、また麻痺攻撃を受けても麻痺にもならない。
イベントユニットでは極めて貴重な麻痺無効の近接ユニットであり、
他に状態異常無効ユニットを持っていないならこのアビリティのためだけにロアナを育てる価値がある。
ドラゴンゾンビやドラコリッチ、ヴァンパイアロードのような麻痺攻撃持ちボスに対するアンチユニットとして起用しよう。

スキル覚醒を行うと「ダークエルフの劇薬」「ダークエルフの秘薬」というHP操作のスイッチ系スキルに変わる。
出撃時は「ダークエルフの劇薬」を使用可能で、スキルを使うとHPが現在値の半分になるのでクラス特性を能動的に発動させることができる。
劇薬使用後はスキルが「ダークエルフの秘薬」に変化し、こちらはHPを全回復するので死にかけた場合の立て直しに使える。
秘薬使用後はスキルが「ダークエルフの劇薬」に戻る。再動時間は20秒と短めだがリスキーな効果のスキルなので扱いには注意が必要。
また、考えなしにヒーラーの射程内で劇薬を使うといたずらにヒールを吸うだけになってしまうので、
配置場所や発動タイミングには気を配る必要がある。

2017/08/03のメンテナンスで覚醒スキルのWT・CTが短縮された。(CT:25→20秒)

ドット絵 Edit

ドット絵/アベンジャー


情報提供はこちらへ